タビノシタク

スペイン巡礼に向かって。旅の準備をこつこつと...。まずは熊野古道からはじめました!とうとうサンティアゴ巡礼スタート!!

スポンサーリンク

スペイン巡礼

セブレイロ峠越え、こんなにきついの?カミーノ23日目

 

2017年6月29日 ペレへからオ セブレイロ 23.7km

Pereje→O Cebreiro

 

今日の出発は

6:45

 

ちょっと遅め。


今日は後半の難所って言われてる

セブレイロ峠を登っていくらしい。

天気がいまいちで、雨が降ったりやんだりで気温も低め。

フリースを持ってこなかったことを後悔する。

 

アームカーバーとレインジャケットでは寒すぎる。

歩いて温まるしかない。

 

ファビオとアルドと一緒に出発。

 

 

最初にあったバルで朝食休憩。

 

 

 

 

カウンターに並ぶ、クロワッサンとチョコデニッシュの大きさが大きめ。

エンパナーダもあったけどチョコデニッシュを頼んでみた。

ふわっふわっ。

何故かまたフォークが刺さってるけど、

手でいっちゃえ~。

カフェコンレーチェとチョコデニッシュで2.8ユーロ。

だんだん山的な風景になってきた。

最初はゆるやかな登りで楽勝。

ただ、雨がきになる。雨が降るとiphoneで写真を撮るのが難しい。

雨の日は厚めのジップロックみたいなビニールにiphoneを入れていて、

小雨だったら、レンズ部分だけビニールから出して撮るっていう方法でいつも撮っている。

たくさん降ってる時は撮るのが不可能。

 

一方、ファビオは折り畳み傘を持ってきていた。


雨降るとサクッと傘を開き、写真を撮る時もスマホは濡れない。

傘いいかも。
アルドはこのあたりから先に行っちゃった。
サンティアゴまで190km地点。

だんだん終わりが近づいてきていて複雑な心境。

歩いてるときは、先を目指して歩くしかないんだけど、

目的地があるだけに終わりってものが存在する。

190kmって1日25m計算であと7日から8日。

1週間.....

あと1週間で終わる。

峠のふもとには何個か村があって、

何軒かアルベルゲもある。


Ambadmestasって村でファビオがこの石の看板発見。

ヤギみたいな絵と一緒に英語でチーズって書いてある。

行ってみよう。

 

チーズ工場みたい。

 

カウンターには誰もいなくて、

「すみませ~ん。」

って大きな声で言ってみたら、白衣を来た人がやってきた。

ヤギのチーズを作ってるんだって。

 

何個か味見させてもらった。

ヤギのチーズ初体験。

牛のとは少し違ってくせがあるけど、

そのくせが後をひく。

持って帰れる距離にこの店があったら、絶対買ってるやつ。

ファビオはみんなに食べさせようと、2種類のチーズを買った。

 

カウンターの小さなチラシを見てたら、

ヨーグルトもあるじゃん。

 

私はヨーグルト1瓶を購入。

奥から奥さんがヨーグルト持ってきてくれました。

スプーンもらってその場でイートイン。

これも少しだけくせがあるけど、おいしいです。

あの石の看板見逃さなくてよかった。

今日もかわいい建物がたくさん見られて、幸せだぁ。


ベガ・デ・バルカルセって村で

ロベルトがシェパードを連れてた。

ロベルトが犬が大好き。

道の真ん中にいたこの子をほっておけなかった様子。

少しずつ道の端の方に誘導してて、やっとここまで動かせたみたい。

このシェパードはかなり衰弱してて、

なかなか動いてくれなくて。徐々には動かせてるけど、もう少し。

 

ロベルトはモニカたちが追いつくまで、もう少し犬についていたいって言って。

 

私とファビオは先に行くことにした。


ファビオの傘はすごく派手。

後ろを歩いてる私は気になってしょうがない。

雨が結構降ってきたので、Ruitelanの教会で雨宿りさせてもらった。

ここにもう一人雨宿り組のイタリア人のおじさんが。

それにしてもイタリア人率が高いなあ。


何故かいきなり青空が

雨降ったり、青空見えたり変な天気。


このカカシのゆるさが笑えた。

でも、ここから山の登りが始まる。

さっきまで天気よかったのに、登っていくにつれて視界が悪くなり、

霧みたいなのに包まれてきた。

雨も降ってきた。

 

前の方が良く見えないし、メンタルやられる。

 

ファビオもきついみたいで、youtubeかなんかでこの曲を流し始めた。


ウルトレイアって曲で、巡礼の歌らしいです。

 

ファビオはこの曲を

何回も何回もヘビロテで流してます。

 

すっかり曲は覚えちゃった。

歌詞カードがあれば私も歌えるな、きっと。

 

きついのが少し和らいだかも。

 

それにしても今日は厳しい。

雨が降ってるのもあるし、勾配がきつめ。

せめて天気....どうにかして。

 

 

このきついとこで、旦那からのLINE。

ちなみに旦那からのLINE、

スペイン時間11:30頃に1日おきぐらいで届いてる。

日本時間だとちょうど帰宅してゆっくりしてる時間でちょうどいい時間。

 

これっ。こっちで普通の日だったら日差しが強くなった頃で、結構きつい時間。

でも、強引に来ちゃったっていう引け目もあり

この時間やめて~とも言えず。

この件に関しては、ちょっと旦那に気を使ってます。
つらいとこです。

旦那の内容も、普段の会話と同じでカミーノには一切触れずです。

いつもはね。

でも、今日はあまりにもきつくて
旦那にきつさをアピール。

優しい言葉なんか一切ないけど、応援してるような絵のスタンプでちょっと元気でた。

 

 

 

登りがきつい山道になってから最初に見つけたカフェ。

しゃれてる。

ドイツ人の男性と、どっかの国の女の子でやってるカフェ。

暖炉とかハンモックとかもあって落ち着く~う。

地元の人はどうにかしてくれて犬の事がどうにかなったロベルトも追いついて、

三人で休憩。

 

最初スイカジュースを注文。1.5ユーロ。

 

ロベルトが頼んだサンドイッチがおいしそうだったので

追加でサンドイッチ注文。4ユーロ。

いろんな野菜が入ってて、すごくおいしかった。

味は町中のおしゃれなカフェででてくるレベル。

ここで食べられるとは。

 

気分が少し上がって、雨も上がってたので歩き再開。

今日はまだまだ登ります。

 

前から、西部映画に出てきそうないでたちの人と馬。

 

 

わぁ。すごい。

まるで映画。1頭の馬にのり、3頭の馬を連れてました。

また青空が見えてきた。

坂は相変わらずきついです。

見える景色が見下ろす景色に変わってきて、

プチ達成感。

そして、コンポステーラがあるガリシア地方入りました。


登って

登って

登って

さらに登って

 

 

やっと到着。

オ セブレイロ。


ここもかわいらしい街並み。

アルベルゲに

14:00

到着。

 

 

 

お読み頂きありがとうございました。

ランキングに参加しています。

ポチッとクリックしていただけたら、きっと泣けてしまいます。

     ↓        

 

-スペイン巡礼