タビノシタク

スペイン巡礼に向かって。旅の準備をこつこつと...。まずは熊野古道からはじめました!とうとうサンティアゴ巡礼スタート!!

スポンサーリンク

スペイン巡礼

22時出発の怒涛の44km!!カミーノ17-18日目

2017年6月22日22時 ベルシアノス・デル・レアル・カミーノからレオン 44.7km

Bercionos del real camino→Leon

結局、

22:00

に出発することを選んだ私。

変なテンションで出発。


やっぱり変な感じ。

たいして寝てないから、昨日が続いてるような。

昨日っていうか今日。


ほかのみんなも少し変な感じ。

いつもよりニヤニヤしてるっていうか。


このトカゲかわいい。

こっちで初めて見る夕焼け。

この明るさは歩きやすい。涼しくて、空もきれいで。

でもあっという間に真っ暗になってきた。

 

真っ暗になると、星が無茶苦茶キレイだった。

私の持ってるカメラでは撮ることはできず。

 

星はヘッドライトを消さないと見られない。

でも消すと、足元が見えない。

 

パチパチつけたり、消したりして星空を楽しんだ。

 

いつもは、みんなとペースを合わせるけど、

真っ暗で見えないから先頭を自分のペースで歩いていく。

 

 

途中で街灯があるところでみんなを待った。

みんなを待ってからまた歩きだす。

町を抜けてしまうと、街灯は皆無

景色は全く見えない。

 

私はヘッドライトをつけず、

薄っすら見える白い道をたどって歩き続けた。

 

遠くに町の明かりが見えてても、全然近づかない。

昼間より無になれるけど、時間の感覚もわからないし、

ひたすら歩いてるだけって感じ。

 

変化がほしくて、イヤフォンで音量大きめで

BOOWYを聞いてみたり。


途中で公園みたいなところがあったから、

ベンチで仮眠しようと思って、公園の中に入っていったら、

いきなり犬に吠えられて、ビビった。

 

犬を連れた巡礼者か旅行者がテントで寝ていて、

知らぬ間に近くまで寄っていっちゃったみたい。

 

相手もびっくりしてたっぽい。

 

そこを通りすぎて、他のベンチで少し横になった。

やっぱり少しきついし眠い。

 

 

 

こんなときは

トイレは厄介。バルが開いてないから。

ただ、こんなに真っ暗だったら、見えないからどこでもできるって考えもあるけどね。


少しづつ明るくなってきた。

この時、モニカとロベルトは見えなくなってて、

ベアトリーチェとファビオとほぼ一緒に歩いてた。


明るくなってきたら、急にお腹がすいてきた。

他の二人も同じみたいで、バルを探す。

まだ6:00ぐらいなので、やってる店はない。

もう20km以上は歩いてるのと、寝てないからか

ちょっとバテ気味だ。


そしてようやく初めのバルを見つけた。

7:00

ここで、カフェコンレーチェとチョコクロワッサン。

2.5ユーロ。

生き返ったみたい。

 

食べたら少し力が出てきて、まだ行けそう?


完全に気力だけで歩いてる。

 

と、ベアトリーチェに電話がかかってきた。

ベアが私とファビオに向かって

「悲しいお知らせです、お母さんとロベルトはバスに乗りました」

マジッ。

 

モニカとロベルトは結構遅れてて大変そうだったからなあ。

しょうがないかと思う気持ちと

うらやましいなあって気持ち。

 

複雑だぁ。

 

でも頑張る。


少しずつベアトリーチェのペースに追いつかなくなってきて、

ファビオと二人になった。

ファビオは普段は元気がいいタイプ。

この時はもう完全ヤバそうな顔。

珍しく疲れたって何度も言ってたし。

大丈夫かなあ。

 

そんなとき、YUさんが後ろからやってきた。

一緒に歩くことに。

YUさんと一緒に日本語で話しながら歩くことで、

私は疲れが少し緩和されたみたい。

ありがたい。


レオンに近づいてる感はあるけど、なかなかレオンって看板見えてこない。


手前の町に着いたぞ。もう少し。

交通量の多い町の中を抜けていき、

アルベルゲに到着。
YUさんはもう少し進むみたい。

到着した3人。

みんな顔が疲れてるねえ。

到着時間

11:20

 

13時間20分。

 

休憩しながらだけど、最長記録だ。

人は意外と頑張れる。

 

これって一人だったら絶対に無理だね。
完全に無茶な事。

 

誰も真似しなしでください。

 

私は夜歩くのはお勧めしません。

 

なぜならば、

①トイレがない。

②バルが開いてない。

③景色が何も見えない。

④早めについてもアルベルゲがやってない可能性がある。

 

ただ、少し良い点も。

星空、夕焼け、何より涼しい。

 

いい体験だったかな。と思いたい。

 

 

 

 

バスで来たロベルトとモニカは待っててくれて。

ちょっとたってから、NI君も違う町から到着。

アルド早朝に出発して夕方に到着。

また、仲間たちは揃った。

ダニエッラはそのままゆっくり進む事になったらしい。

 

 

 

お読み頂きありがとうございました。

ランキングに参加しています。

ポチッとクリックしていただけたら、きっと泣けてしまいます。

     ↓        

 

-スペイン巡礼