タビノシタク

スペイン巡礼に向かって。旅の準備をこつこつと...。まずは熊野古道からはじめました!とうとうサンティアゴ巡礼スタート!!

スポンサーリンク

スペイン巡礼 旅の持ち物

スペイン巡礼、お金の話。どのくらい使ったのか!!

行く前にずっと気になってたことはお金の事。

いくら使うのか、いくら持っていくのか、どう持っていくのか。

 

実際どうだったか検証してみよう。

 

準備にかかった費用

私の場合トレッキンググッツをなにも持っていなかったので、

バックパック

レインジャケット、パンツ

靴下

速乾Tシャツ

速乾下着

トレッキングパンツ

トレッキングポール

機能性タイツ

などは購入した。

 

寝袋だけはふるさと納税でゲットした。

 

ついに...念願の寝袋を手に入れました。 寝袋を購入するために結構調べちゃいました。なんせ、今まで寝袋にはいるなんて経験は中学の林間学校の1回だけだし、親に...

 

 

いろいろ安いとこ見つけながら買ったけど、

総額で95,000円

う~ん。結構かかったね。

 

サンジャンピエドポーまでの交通費

 

パリまでの往復航空券、94,120円

(ユーロで変動あり)

これもチケットとるのがギリギリだったんで少し高め。

あと1~2万円ぐらいは安くできると思う。

 

パリからバイヨンヌのTGV 13,800円

(ユーロで変動あり)

このチケットも早くとれば安くなるそうです。

サン・ジャン・ピエ・ド・ポーってフランスでしょ??そして最終目的地はスペインでしょ??って考えてたら、まずは飛行機はどこの空港がいいのか?パリバルセロナマド...

 

バイヨンヌからサンジャンピエドポーまでの電車 7.6€ 970円ぐらい

 

計 108,890円

(パリからサンジャンピエドポーまでが行きのみで計上)

 

巡礼中使った金額

巡礼中に必要なお金は

アルベルゲ 5ユーロ~15ユーロぐらい

食事代(朝 昼 夕) 3ユーロ~20ユーロぐらい

途中ばてたときに飲むアクエリアス代

ちょっと贅沢して飲むビール代

って感じです。

 

1日あたりにすると

15ユーロ~30ユーロ

(この時のレートで2000円~3800円ぐらい)

公営のアルベルゲに泊まれば安めにおさえられます。

 

どうやって持っていったのか

まず、

現金 90,000円を成田空港でユーロに両替

このふくろに大事にいれておきました。

ちなみにこのお茶づけ袋、超超便利です。

お札サイズだし、チャックついてるし、濡れないし。

 

 

成田空港で両替した90,000円分のユーロは28日目ぐらいもちました。

私の場合は歩いている以外でも大きな都市では観光もしていたので、歩いてるだけの人よりも使っていると思います。

 

 

足りなくなったお金は、クレジットカードのキャッシングでまかなっていました。

ただ、キャッシングできるATMは大きい町にしかありませんので注意。

 

 

巡礼中の支払いは基本現金です。

アルベルゲ、バルなども現金払いです。

現金がなくなっちゃうとATM探しになっちゃうのでつらいかも。

盗難っていうリスクはあるけど、
ATM探しがめんどくさかった私は、
すべて現金で持っていきたかったなっと思っています。(個人的な意見)

 

なんとなくな合計金額

準備 95,000円

交通費 120,000円ぐらい(帰りの分はだいたいでいれました)

巡礼中 100,000円ぐらい

合計 315,000円ぐらい

私の場合こんな感じでした。
アルベルゲとかご飯とか節約すればもっと安くできるし、
パラドールに泊まればもう少し高くなるし、
人それぞれだね。

 

 

 

 

 

 

お読み頂きありがとうございました。

ランキングに参加しています。

ポチッとクリックしていただけたら、きっと泣けてしまいます。

     ↓        

 

-スペイン巡礼, 旅の持ち物