タビノシタク

スペイン巡礼に向かって。旅の準備をこつこつと...。まずは熊野古道からはじめました!とうとうサンティアゴ巡礼スタート!!

スポンサーリンク

アルベルゲ スペイン巡礼

きれいなキッチンで何作ろう!パンプローナのアルベルゲ

今回はなんとなくたどり着いたアルベルゲ。

「Plaza Catedral」

名前の通り、カテドラルの前の広場に面している。

評判もよさそうだし、ここにしよう。

今日空いてますかって聞くと、空いているとのこと。

値段が違う4種類の部屋がある
私は一番安い15ユーロの部屋にした。すべての部屋朝食付き。

そこで、おそるおそる聞いてみる。

「このカードキー、前の宿で返し忘れちゃって......返す方法ありますか?」

 

「いいわよ、返しておくから。」

えっ。この答えを想像してなかったから、驚いた。

「本当ですかっ。ありがとうございます。」

 

この日は2回も人に助けてもらった。
なんて幸運な日なんだろう。

 

 

 

 

部屋に案内してもらった。

12人部屋で小さい窓が一つ。

各ベットごとに照明と電源がついている。
各ベットごとロッカーはある。
それに、12人部屋に3人だけっていう快適さ。

共有スペースもチェック。

キッチンがすごくかわいい。

鍋とかお皿とかもちょっとかわいい感じのものが多い。

今日は自炊しようと決めた。

 

共有スペースの壁の画も愛嬌があっていい感じ。

ソファとかクッションも。

ここ好きだ。


階段の手すりの色もワクワクする。

天井から手作りっぽいオブジェが。

このオブジェもインパクトあって、センスもいい。

イケアのキッチンだったり、家具だったり、

お金をかけていないけど、全体的にうまく仕上がってる。
アルベルゲってこんな感じのもあるんだね。

ここ住めそうなぐらい、好きだ。

 

 

 

シャワーを浴びて少し散歩した後戻ってきたら、同じ部屋のイタリア人のマルコが何やら食べている。

部屋であったとき、ちょっとイタリア語を話せることを伝えていたのでスムーズ。

言葉は通じるっていいっ。

 

 

「ちょっと多く作りすぎちゃったから、食べてくれない??」

「もちろん、むしろラッキー。ありがとう。」

 

「でも、あまりおいしくできなかったかも。」

 

私は知っている。イタリア人が作るパスタのレベルが高いことを。

 

やっぱり、おいしいパスタだった。

しかもリガトーニ。私の大好物だ。

話はそれるけど、このリガトーニってパスタ。
日本のスーパーとかデパートでは見つけるのが困難で、今回大量に買って帰ろうと思ってたものの一つ。 
こんなところで食べられるなんて、マルコありがとう。

トマトソースの味付けも絶妙でうまいっ。
おかわりしちゃった。

 

キッチンのテーブルで明日行くところを調べていたら、フィリップ登場。

フィリップたちもここの宿だったんだ。

フィリップたちはサンジャンピエドポーとロンセスバージェスの宿で一緒だった。しかも、途中の村でもあったりしていた。
何回も会えるんだな、カミーノって。

 

マルコとフィリップが明日の宿について相談していた。

ちなみにマルコはイタリア語、フィリップはフランス語で話している。
通じているのかわからないけど、ずっと二人はお互いの言葉で説明していた。

何度言っても通じない時、英語でフィリップが説明しようとするけどマルコが英語がわからない。

私がわかることがあったら、私が英語からイタリア語に訳してマルコに伝えるっていう、かなり変則的な会話をしていた。

「何で隣の国どおしが話せないで、アジア人が訳してるんだっ」

と3人で爆笑。


言葉が通じない時、私だったら話すのをやめるか、iphoneかなんかに頼っちゃうな。日本語で話続けることはしないなあ。

でも、この二人通じてなくても、なんとかなっちゃてる気がする。

 

 

私はパンプローナで2泊するつもり。

パンプローナは建物の見どころがたくさんあるから。

インターネットで調べた時、アルベルゲには2泊できないって書いてあるところがあった。

このアルベルゲがいいなあっと思ってもう1泊できるか聞いてみた。

答えはYES。何泊でもできるそうです。

 

他の部屋も見せてもらって、2泊目は18ユーロの部屋にすることに。

壁紙がかわいく。ロッカーの場所も使いやすい。
4ベットごとに区画されていて、あまり気を使わなくてもいいかも。

今回は目の前に大きな窓。

窓からは中庭が見えて明るい。

昨日の部屋は朝真っ暗で、少し困った。

手洗いで洗濯。

洗剤も置いてある。


ただ、洗濯ものを干すところが室内で、乾きそうになかった。
アルベルゲで乾燥機お願いしようかなとも思ったけど、
昨日散歩しているときにアルベルゲから歩いて1分ぐらいのところでコインランドリーを見つけていたので、そこへ行ってみる。
乾燥機3ユーロ。

両替機もあって

機械のところに絵でわかりやすく書いてあるけど、
日本のコインランドリーと違って、乾燥の温度を設定するボタンがあって、
そこを押さないとスタートしない。

30分ぐらいだったので、コーヒーを飲みながら待つ。

(コーヒーの自動販売機もあります)

 

 

 

 

今日の夕飯は自炊するぞ。

スーパーに行くと見つけてしまいました。

カップラーメンコーナー。

そしてそこに

 

NISSIN

 

の表示が。

そしてローマ字で

 

YAKISOBA

 

って書いてあります。
もうすでに日本食に飢えている私は即買いです。

今日の夕飯。

カップ焼きそばとルッコラのサラダ。


このカップ焼きそばは
日清のUFOと同じ味でした。量が少し少ないです。

スペインのうまいもの食べてないのか??という声が聞こえてきそうですね。
私は食に関してはまずくなければいいって感じなので、こんな食事でも満足なんです。

といっても昼間ピンチョス食べたりしてたんですけどね。

 

 

 

このアルベルゲの朝食はかなり早くても食べらます。
私は5:30ごろに食べました。

キッチンにパンが用意してあります。


こっちのカウンターに飲み物が。

飲み物は、ココア、紅茶、ミルク、コーヒーなどかなりの種類がありました。
コーンフレークなんかもあったかな。

 

出発する朝の朝食の時にスペイン人のトニアさんと会う。

みんな早くおきるんだなあ。

次はパンプローナの街について書きたいと思ってます。

 

 

 

お読み頂きありがとうございました。

ランキングに参加しています。

ポチッとクリックしていただけたら、きっと泣けてしまいます。

     ↓        

 

-アルベルゲ, スペイン巡礼