タビノシタク

スペイン巡礼に向かって。旅の準備をこつこつと...。まずは熊野古道からはじめました!とうとうサンティアゴ巡礼スタート!!

スポンサーリンク

アルベルゲ スペイン巡礼

最後のファビオ飯!ペドロウゾのアルベルゲ。

今日のアルベルゲは

「CRUCEIRO DE PEDROUZO」

12ユーロ

 

外から見える共有空間がキレイ。

キッチンや、ソファーやたくさんのテーブルや椅子があって居心地よさそう。

予約してたので、すんなり入ることができた。

 

96ベットと大きめのアルベルゲ。

入ったとき自分のロッカーのカギを渡され、その番号の靴箱に靴をいれる。


この靴箱、鍵もかかります。

ベットはこんな感じ。

あっ。今日もカティアが先に到着してる。
今日もタクシーみたいです。

カティアとロベルト以外はまだ到着してなかった。

 

 

ベットの横各所にベンチが置かれてて、ちょこっと座るのに便利。

枕元に電源と照明がついててこれも便利。

 

今回も一部屋を仲間たちで占領してたので、荷物はロッカーに入れずそのまま。

 

トイレやシャワーも使いやすく、たくさんあるので待つこともない。

 

洗濯場は外に洗濯用シンクがあり、
干す場所は広~い庭の日当たりがいい場所。

 

シャワーを浴びてると、着信が。

Miちゃんから。

道に迷ってアルベルゲにたどり着けないとのメッセージ。

彼女の携帯はWIHIにつながるとこでしかネットにつながらず、wihiがあってやっと地図も見られるって感じでちょっと大変そう。

今回、私もMAPSmeを使わなかったらたどり着けなさそうだったしね。

電話で話した後、もう一回かけたら今度はつながらない。
もう少し後ろに歩いてるであろうファビオに電話。

「Miは一緒にいるよ~。」

よかった、後から来たファビオたちが見つけたみたい。

 

 

 

全員到着して、今日の夕飯の買い出しをしにファビオとカティアとスーパーへ向かった。

今日も私はスイカ担当。アルドがお金を出して私が買いに行くって最近の流れ。

でもスーパー、スイカが高い。
この大きさで12ユーロぐらい。

カティアとファビオとわかれてスイカを探しまくる。

地元の人たちに聞きながら3件ぐらい回ったけど、安いスイカとめぐり会えなかった。

しょうがないから、果物屋やさんで半分にカットしたのを5ユーロで買った。

 

 

アルベルゲに戻って調理開始。

今日のメニューはリガトーニのジェノベーゼ。

これは私のリクエスト。

リガトーニってパスタは私の大好物。日本で買うことが難しいパスタ。
ジェノベーゼも大好物。

今回はポテトを入れてつくるみたい。

角切りにしたポテトとリガトーニを一緒にゆでて

ジェノベーゼのペーストと角切りのトマトを混ぜるだけ。

トマトとポテトを混ぜるのは初めて見る。楽しみだ。

 

 

カティアとファビオであーだこーだ言いながら完成。

今日も仲間たち全員で食べよう!!


サラダもカティアが作ってくれた。

これもかなりの味。

ビールを飲みながらのジェノベーゼ。最高っす。

当然おかわりでした。

 

スイカも切り分けて全員で食べ、今日も一人3ユーロ。

やっぱりシェア飯。

 

 

 

お読み頂きありがとうございました。

ランキングに参加しています。

ポチッとクリックしていただけたら、きっと泣けてしまいます。

     ↓        

 

-アルベルゲ, スペイン巡礼