タビノシタク

スペイン巡礼に向かって。旅の準備をこつこつと...。まずは熊野古道からはじめました!とうとうサンティアゴ巡礼スタート!!

スポンサーリンク

スペイン巡礼

ホントにあと300kmなの??カミーノ19日目。

2017年6月25日 レオンからオスピタル デ オルビゴ 31.76km

Leon→Hospital de Orbigo

大きな町のレオンをぐるぐる回り切って満足な朝。

また一人になり、仲間たちを追いかけるかたちに。

 

朝6:05出発


レオンは水飲み場がやたらと多かった。

茶色いかわいい家。

朝焼けにそまる、この顔のついた街灯にくぎ付け。


時々変わった建物があって、これは何だろう。


今日は,

なるべくは進みたいのでかなりの速足で歩いていく。

 

やっぱり、一人で歩くのは後半きついんで。

このあたりから、ちょっと個性的な建物が増えた。

町に入ってもまだ何もやってません。


今日の道はなぁんにもない道ではないのでなにかしら建物がある。結構おもしろい。

何か一人で歩くのもつまらないなあって思ってたら、

Miちゃん発見。

日本人のHiちゃんと歩いていました。

Hiちゃんはコンポステーラの大学に留学している女の子。

留学が終わり、残った時間でカミーノ中だそう。


彼女はスペイン語バッチリです。

チリ人の夫婦(だと思う)とスペイン語が話せる韓国人の男の子と一緒に歩いてました。

そこにMiちゃんは今日は、このグループに混ざって歩いてるようです。

途中でスタンプとスナックやらお菓子やらが置いてあるところがあり、

みんなでスタンプ。

 

少し歩くとバルがあり、朝食を食べることに。

 

Hiちゃんは注文するのもスペイン語でさらっと。

かっこいい。

うらやましいです。

Hiちゃんと韓国人の男の子の足や腕に小さなぽつぽつが。

どこかのアルベルゲで南京虫に刺されたらしいです。

こわっ。

男の子の方は全身やられてて、見た目もヤバめ。

しかもすぐに治らなくって、寝れないほどのかゆみに襲われるって。

聞いてるだけでも、ちょっとかゆくなってくる。

日本語のみの会話。

快適だぁ。

でも、Miちゃんは18歳だし、Hiちゃんは21歳で足取り軽め。

少し早めで、筋力がつきはじめている私にはちょうどいい速さ。

 

 

知らぬ間に、300kmをきってるのに驚き。

SAN MARTIN del CAMINOって町に

Hiちゃんとチリ人夫婦と韓国人の男の子は

泊まるみたい。

 

私はもう少し先に進みたいので、誘ってもらったけどお断りした。

Miちゃんも一緒に先に進むことに。

 

 

途中、評判が良い目のアルベルゲを通りすぎ。

18歳と40代で歩いていく。

Miちゃんは他のイタリア人のグループとか

アジア人のグループなんかと一緒にいたので、

よく会ってはいたけど、一緒に歩くのは初めて。

 

いろいろ話を聞くことができた。

高校を卒業してから、バリ島へ英語の勉強しに行ってこっちに来たらしい。

しかも自分でお金を貯めて。

すごいなぁ。

 

彼女のお母さんと私は同い年。

私には子供はいないので感覚はまるでわからないけど、

子供と歩いてる???って感じなのかぁ?

 

 

今日はこの町までにしよう。

Hospital de Orbigo


この町には素敵な橋があります。

かなり絵になる橋です。

橋を超えるとまた、お祭りやってました。

今日も30km越え。

MIちゃんは30Km越えは初めてみたいです。

アルベルゲはMiちゃんは公営のとこに行くって言ってたけど、

私は、昨日Ni君がいいよって言ってたとこ目指す。

 

目指したはいいけど、結構遠いことに気が付いて

手前のアルベルゲにした。

 

アルベルゲでいろいろ済ませてから、いつもの町散策。

すっかりシエスタ中で、祭りもシエスタ中。

 

このイカリング食べたいなあっと思って、この看板の店にはいる。


これまたシエスタ中なのか、イカリングはできないって。

しかたがないのでビールだけ頼んだ。
そしたら、ちょっとだけ、イカリングエビのフライつけてくれて。

橋の景色をみながらセルベッサ コン リモン。

 

 

 

お読み頂きありがとうございました。

ランキングに参加しています。

ポチッとクリックしていただけたら、きっと泣けてしまいます。

     ↓        

 

-スペイン巡礼