タビノシタク

スペイン巡礼に向かって。旅の準備をこつこつと...。まずは熊野古道からはじめました!とうとうサンティアゴ巡礼スタート!!

スポンサーリンク

スペイン巡礼 熊野古道

熊野古道、中辺路チャレンジ⑪断念(熊野那智大社-那智の滝)スペイン巡礼に近づいた!!

小口自然の家を7:45ごろ出発。
やっぱり天気が良くないです。

小口のバス停です。
誰かが置いていった杖が置いてありました。
今日は忘れなかったので、竹の杖があるから安心。
nati2

小口から新宮まで50分ぐらいで1250円です。
最初、景色がいい川沿いの道を進んで行きます。
歩いていたらこの景色は見られません。

まだ、諦めた事を引きずっていますが、
これで良かったって理由を、常に探して自分に言い聞かせます。

新宮に着きました。
普段あまりバスに乗らないので、
1000円札を料金入れに一緒に入れていいのか不安で運転手さんに聞いちゃいました。
お札も大丈夫だそうです。機械の中の仕組みに興味があります。お札と硬貨がどうやって分別されるか。
nati3

新宮駅です。
nati4

今日の宿は新宮なので、本当は大きい荷物を置いていくこともできたのですが、スペイン巡礼の練習なので全部の荷物を持っていきます。

バス乗り換えです。新宮駅から那智駅に向かいます。
電車もあるけど、本数がないそうです。
バスは560円でした。
那智駅つきました。
nati5

 

 

那智駅から大門坂に行くにはこのバス停です。
バスの時刻を見ていたら、
nati6
荻さん発見。
荻さんは小口自然の家に車で来てたんです。
「荻さ〜ん」
と手を振ると、
大門坂まで乗っけてくれました。
ありがとうございました^_^

これはかなりの時間短縮です。
nati7

この辺で靴が破壊しちゃってもどうにかなると思い。
ここからは歩きます。
nati8

石畳を登って行きます。

夫婦杉です。迫力があります。

nati9

どっちが夫?

強そうな夫婦です

大門坂の入り口付近に平安時代の衣装の貸し出しがあります。

たしか3000円ぐらいだったかと。

 

nati9-1かなり雰囲気にあっています。

でも、みんなに写真撮られちゃいます。

目立ちたい方におすすめ。

 

 

この大門坂の石段、かなりの段数がありきついです。

ゆっくり休憩しながら上がっていきます。

nati10-0

ここに来ると、大きなバックを背負いながら登っているのは

私ぐらいしかおらず、大勢の観光客を引率するガイドさんたちが

頑張ってと声をかけてくれます。

 

ちなみに大型バスの観光客さんたちは全部登らず

少し登って戻って、バスで登って行きました。

体力に自信のない人たちはこの方法でも

十分大門坂を味わえると思います。

ここにも案内板がありました。
nati11

急に雨が降って来たので、このお店の軒下でを借りて
レインジャケットとパンツを着ました。
nati12

ちょっと靴が心配ですが、

今のところ水も入らず、キネシオテープが頑張ってくれています。

汗に強いから、水にも強いのかも

 

 

懐かしい写真です。これの撮影はここだったんだ。
nati13

 

 

階段を登って行きます。灯篭と石垣の苔が良い感じ。
nati14

階段の段数が結構あります。

私はマイペースを崩さず、ゆっくり進んでるんだけど、周りの大学生は早く登って、途中でゼーゼーと止まっていた。

初日の私と同じ感じです。

 

 

 

あっ。

ホタテの貝殻をつけている

外国人の女性を発見。
nati15
思わず英語で声をかけます。
「カミーノ行ったんですか?」

 

「私はサンティアゴコンポステーラから来ました。」

「えっ。そうなんですか。私来年行く予定なんです。」

すると、一緒に来ていた日本語の話せる男性にペンと紙を出してもらって何か書いています。

「もし来た時ここに電話して」

(初めて会ったのに、そんなことまでしてくれるなんて)

しかも、これ
nati15-2
バックから出して
「プレゼント」って

ホタテの貝殻のペンダントです。

これってスペイン巡礼でみんなつけてるやつです。
マジマジ超感激なんですけど
何度も御礼言いました。

泣きそうです。

メールアドレスもくれました。

靴が壊れたおかげでこんな出会いがあるなんて。那智の神様ありがとうございます。

nati16

最後まで階段を一緒に登り2人と別れました。

余韻が〜。

雨は強くなって来たけど、首にかけたホタテの貝殻のおかげで晴れやかです。

 

熊野那智大社
nati17

nati18
振り返ると、鳥居の向こう側にきれいな山々が見えていました。
nati19


那智山青岸渡寺

nati20
ここにもスタンプがありました。
ちなみに那智大社にもありました。
nati21
屋根の妻の部分の木がなんともいえない色と装飾でかっこいい。
杮葺きのってのも渋い。
こういう色合い好きです。
nati22
今日も登り坂が多いです。
あまり、歩いている人がいないので、
もしかしたら、みなさん車で移動しているのかも。
nati23

冷やしあめって書いたバナーがぶら下がっていました。
静岡ではまったく見たことがない飲み物でしたが、
京都に行ったとき飲んでおいしかったので、
今回も頼んでみました。
nati24
ここのひあしあめ、少しフラペチーノ状態にしてくれています。
これが超うまい!!
ちょっと食べながら、飲みながら
ショウガの香り、ほんのりと甘く、雨が降る少し霧のかかった山々を見ながら。

少し歩くと
那智の滝
見えてきました。
写真でみたとこだ。ちょっと興奮。
nati25

滝つぼのところまで下っていきます。
歩いていく人たちは少し過酷な道のりです。
nati26
まだまだ下ります。
nati27
まだまだまだ下ります。
nati28
この鳥居を超えると到着。
nati29

この滝って日本一の落差があるそうです。
でも、水量が思ったより少ないので
繊細な滝って感じです。
華厳の滝みたいな、あのこわって感覚にはなりませんでした
300円払うと滝つぼまで行けるようです。
あまり行っている人たちはいませんでした。
nati30
那智の滝のバス停まで登り石階段を上ります。

この辺の地図です。

nachisan_map

この一帯は高低差が多く、歩いていくには、体力が必要でした。

バスとか駐車場があるので車でも移動ができそうでした。

 

バスがすぐきました。ラッキーです。
那智の滝~那智駅~新宮までいきます。

次に
新宮の速玉大社めざします。
途中ホテルの前を通ったので、さすがに荷物を預かってもらいました。

新宮城あとが見えました。いつの間にか晴れてきた^^しかも晴天。
nati31
駅から歩いて20分ぐらいかなあ。
到着です。
nati32
熊野速玉大社
nati33
門の右側でお土産物を売っています。
ガイドブックで調べていて、
「もうで餅」ってお菓子は絶対買おうと思っていたのですが、
本宮で買い忘れ、那智で買い忘れ、
というか、歩きに夢中でお土産の事を忘れていました。
このタイミングでこれに巡り合えるとは。

買いました
nati34
おばさんが凪の木つけてくれました。
この凪の木にやご利益があって、一枚財布に入れると
お金が増えるって言ってました。
熊野古道に来てからいいことが続いているので、
なんかいろんな御利益信じちゃいます
あざやかな色合いきれいです。
nati35
駐車場横に
川原家横丁があります。
ここ昔の雰囲気で建物たててあっていい雰囲気なのに、
テナントが埋まってなくて寂しい感じ。残念。
nati36
神倉神社に向かいます。

途中に雰囲気のある住宅が多いです。
やっぱり、アルミサッシを使っていない木建具のいえ。いいです。
nati37

この神倉神社、ものすごく急な坂。
聞いていません。
この旅最強の登り坂が目の前に立ちはだかっていました。
nati38

ちなみに、あの救世主の二本の竹の杖は
ありがとうございましたと
那智大社の杖置き場に置いてきていました。
この坂は完全にノーマークです。

でも、木の杖は置いてくれてあります。
ただ、右手にはあのもうで餅の手提げ袋をもっているので、
杖は1本にしました。

途中休みます。やっぱり苔はきれいです。
nati39

かなり苦労して登って、上までたどり着くと
この風景です。天気よくて最高です。
nati40

上を見上げると

神倉神社のゴトビキ岩

nati41
岩が迫力あります。
nati42
二人の子供たちが、ここでポケモンGOやってる~。
大人たちが苦労して登っている中、
あの子たちのなかでは普段から登っている坂でただの遊び場なんだなあ。
と思ったら、笑えてきた。

行きも急だったら、帰りも急な
今度は下り坂です。
この靴下りが苦手です。
nati43
途中、女坂っていう迂回ルートがあったので行ってみます。
さらに過酷でした。
途中癒しのキノコ生えてますが。
手をつかないと降りれない箇所があります。
みなさん男坂を下ってください。
nati44
途中素敵な体育館の小学校がありました。
木の体育館っていいな。
nati45

つづきはあした

 

 

 

お読み頂きありがとうございました。

ランキングに参加しています。

ポチッとクリックしていただけたら、きっと泣けてしまいます。

     ↓        

 

-スペイン巡礼, 熊野古道