タビノシタク

スペイン巡礼に向かって。旅の準備をこつこつと...。まずは熊野古道からはじめました!とうとうサンティアゴ巡礼スタート!!

スポンサーリンク

旅の持ち物

MYOGでスタッフバックを作ろう!

トレッキングを猛烈に検索していたら、
MYOGって言葉が出てきた。

 

MYOGとはMake Your Own Gearの略で、ギアを自分で作っちゃおう。
って事らしいです。

 

普段はメンズライク路線で売っている私ですが、
手芸は好きです。
これまで値段にやられかけていたので、
作っちゃえってなったわけです。

 

今回使う材料は、なんとデュポンのタイベックスシート。

 

住宅の外壁の防水下地でよくみるやつですね。
見たこともあるし、触ったこともありました。
それが材料になるなんて目から鱗です。

透湿防水シートっていうくらいだから、トレッキングに必要な要素持ってるってことですね。

でも、私が見たことがあるのはカタカナで目立つようにデュポン タイベックって書いてあるのが気になります。

建築では一流メーカーですからね。外壁って広告にもなるし。

 

と思っていたらありました。

文字なしバージョン。

 

私もここで買いました^^

幅が150cmで10cm単位で販売してくれるのがうれしいです。

届いたので早速作り始めます。

適当に入れたいもののサイズで底とボディをカットします。

hukuro1そして、東急ハンズで見つけた

ポリエチレンもくっつく強力両面テープを用意。

シームテープがないので、縫うと穴が開いてしまうと思い、テープでチャレンジ。

(もはや手芸ではありませんね。)

hukuro3

両面テープをボディの底部分に貼ります。

hukuro2

 

底とボディをくっつけます。
hukuro4

 

底と逆の部分を三つ折り返して縫います。
ここは強度が欲しいかと思い縫いました。
hukuro5
モンベルで見つけたコードロックとコードを用意します。
hukuro6

縫ったところにコードを通しコードロックで留めます。

入れるものを用意します。
今回は靴下です。
hukuro7
ぴったりはいりました。
この袋を何個か作る予定なので、マジックで絵と字を書いてみました。

hukuro8
出来上がった感じは軽いです。
ちゃんと袋にはなっています。
タイベック自体の強度がいまいちわかりませんが、
ある程度引っ張っても大丈夫そうです。
外壁下地に張ったときは直接雨風があたる部分ではないし、負荷がかかるところでもないので、
実際こういう使い方をした時にどうなるかは、使ってみてから確かめたいです。
それにこの両面テープがどれだけもつか。

水を入口をさけてバチャっとかけてみましたが、中には入りませんでした。

注意です。折り目がつきやすくて、しわになりやすい材料です。

 

そういえば、トレッキングソックスも買ってました。

ここです。

先日、現場にはいていったら調子よかったです。
登山用って快適なんですね。
階段を何回も上り下りしましたが、いつもよりも疲れませんでした。
それに蒸れないってのがGOOD!!

 

 

 

お読み頂きありがとうございました。

ランキングに参加しています。

ポチッとクリックしていただけたら、きっと泣けてしまいます。

     ↓        

 

-旅の持ち物