タビノシタク

スペイン巡礼に向かって。旅の準備をこつこつと...。まずは熊野古道からはじめました!とうとうサンティアゴ巡礼スタート!!

スポンサーリンク

熊野古道

熊野古道、中辺路チャレンジ⑥(三越峠~発心門王子) 古道で初めて日本人に会えた。

三越峠の休憩所で休憩して、歩き出すと、あのグレゴリーJ38の二人が後からやってきました。

お互い??です。
「いつ抜かした?」
地図を見てみます。

hon60
この地図には訂正用の紙が添付されていて、現在の迂回路は
ブルーで手書きで書いてあるルートになっています。
誘導看板もそうなっていたはずです。
でも、私は蛇型地蔵のスタンプがほしかったので、まっすぐのショートカットっぽい道を選びました。
きっと、彼女たちは現在の迂回路を行ったんだと思います。

「そっかあ」

三人で納得しました。

「私たちは水を補充したいなあ。」
といっていたので、
「休憩所の横にあるよ~」
と教えます。
今度は私が先行する感じになりました。

少し進むとまた古道っぽい道になってきました。
hon1

途中わらじ??
hon2

住宅が昔あったらしいところがありました。
ここで住むのはかなり大変そうです。
hon3

ここは整備されていました。
上の方からゴッソリ木がなかったので、崩れてしまったのかもしれません。
植樹はされていたので、木が増えてくるといいな。
hon4

今日は杖もないし、
登りもかなり長かったし、今下りもきついし・・
ちょっと疲れちゃったし。

そうだ柿の種食べよう!!
hon5
一口食べると回復する~って感じでした。
気のせいかもしれないけど、自分の好きなものを途中で食べるって効果的かも。

ここを階段で下りなさい。みたいな絵がかいてあります。
絵から見るとかなりきつそうです。
hon6
と思ったらやっぱり、急な下り坂。
このころから、急な下り坂のおり方を開発しました。
若干横向きになって斜めに降りていく作戦。

光ゲンジの鉢巻きみたいな道しるべ。
hon7
山の中でこの赤いリボンがついていると安心します。
ここであってるよ~って言ってくれてるみたいで。
道しるべがないところでも、こんなしるしをつけてくれています。

若干横向きになって斜めに降りていく作戦。決行。
hon8
ここで、反対側からくる女性にあいます。
道で会う初めての日本人の方でした。
今まで古道で会うのは、外国の人ばかりで、会話に少し困っていたところに会ったので、
かなり嬉しかった。
お互いの情報交換をします。
彼女は発心門王子までバスできて、そこから歩いてきたそうです。
簡単な地図しか持っておらず、ここから三越峠までの距離を聞かれました。

今、私がこの急な下り坂をずっときているということは、
彼女は急な登り坂って事です。

お互い激励して別れました。

私はこれからも下り坂のようなので、安心。

この石積みなかなかいい、いままでの石積み選手権で現在トップです。
hon9

川沿いの道に出てきました。
歩きやすいですが、今日は天気がいいのと日光が直接あったってしまうので暑い。
hon10

木漏れ日のとこはただただ気持ちがいいです。
hon11

湯の峰温泉にいく赤城越を行く場合はここを曲がるみたいです。
hon12

船玉神社
hon13
この神社の手水舎。苔がいい感じでついてて美しいです。
庭にこんなのあったら安らぐだろうなあ。
hon14

そして下り坂とシダ。
hon15
三越峠を過ぎて下り坂ばかりなので、若干親指が痛くなってきました。
まめができちゃったのかなあ。
たかはらさんで手で洗った靴下が完全に乾いておらず、少し湿ってたかも。
ちょっと気になります。

「猪鼻王子」
hon16

この先の道路にバスが走っているのが見えました。
もうすぐ発心門王子。
hon17

「発心門王子」
hon18
着いたあ。
しかも12:00ぴったりです。
ここでお昼を食べようと決めていました。
のなか山荘さんにお弁当頼んでおきました。
hon19
竹の皮の包みをあけると、おにぎりとウインナーと漬物が入っていました。
おにぎりをほおばると、なんという幸福感でしょうか。
おにぎりにこんなにも力があるとは、いつも食べるやつとは全然違います。
山とおにぎりは最強の組み合わせです。(ちょっと大袈裟)

ニヤニヤしながら食べてると、
さっきの女性が戻ってきました。
その先の地獄の迂回路の様子を聞いたようで、
あきらめて三越峠で引き返したそうです。

彼女が言った言葉で印象深いものがありました。

「途中でやめる(あきらめる)ってことは絶対ダメだって今まで思っていたけど、
ここで引き返してみて、これも正解だってわかる」

この言葉が後で私にとっても降りかかってくることになります。

つづきはあした。

 

 

 

お読み頂きありがとうございました。

ランキングに参加しています。

ポチッとクリックしていただけたら、きっと泣けてしまいます。

     ↓        

 

-熊野古道