タビノシタク

スペイン巡礼に向かって。旅の準備をこつこつと...。まずは熊野古道からはじめました!とうとうサンティアゴ巡礼スタート!!

スポンサーリンク

熊野古道

熊野古道、中辺路チャレンジ⑦(発心門王子~熊野本宮大社)寂しいけど着いちゃうの?本宮。

お弁当食べ終わるころ、グレゴリーJ38の二人が到着しました。

彼女たちもここでお昼を食べるようです。

クラッカーにチーズを塗って食べていました。
トレッキングの食事もいろいろですね。
私はやっぱりおにぎりを食べないと力が出ません。
スペイン巡礼に行ったときはやっぱり、クラッカーとかになるのかなあ。

 

 

発心門王子を出ると、舗装された道路を進んでいきます。

 

 

すぐに休憩所あり。
hon21
さっきの濡れたベンチで食べなくても良かった。失敗です。
こっちのほうがテーブルもあるので、ゆっくり食べられそう。

 

 

ずっと見ていなかった自動販売機。
疲れたときは炭酸で。
hon22

 

あっ。この二人夫婦なんでしょうか。恋人なんでしょうか。親子なんでしょうか。
なんだか話しかけてきそうなリアルさです。
hon23

青空と緑がたまらなく気持ちがいいです。
hon24

発心門王子を出るとき、バスが到着して10人ぐらいの人たちが一斉に本宮方面に向かって
歩きだしました。
ここから、本宮までは予定では2時間ぐらいなので、ちょっと歩くにはちょうどいい距離です。
若い人たちも多く、運動靴とリュックぐらいの軽装でサクサク歩いていきました。
熊野古道の雰囲気が変わって新鮮です。

 

 

八咫烏が登場。
hon25

水呑王子です。
hon26

 

ここら辺ではすれ違ったり、追い越したり、追い越されたり
多くの人が歩いています。

 

 

ちょっと気が付いたこと。

普段街の中で人とすれ違う時、知り合いではなかったら絶対にあいさつしません。
でもこういうとこって
「こんにちは」
って
すれ違いざまにあいさつする確率80%ぐらい。

一人だったりすると100%あいさつします。

いいですね。この習慣って。

お互いがいい気持になります。
まったく知らない方とお話をはじめることができたり、
一人で寂しく歩いていた時には励みになったり。

発心門からはそんなかんじで、荷物の重さとかに気がいかなくなった感じ。

 

 

シダがかなりいっぱい生えている道を進んでいきます。
hon27

ラムネって書いてある!!
hon28
クーラーボックスの中に冷えたラムネがいっぱい入ってました。
それに梅干しとか、らっきょとか、栗とか売ってます。
車で来てれば買っちゃうやつです。
hon29

69も歩いてきたんだぁ。
hon30
1ケタだった辛い登り坂をちょこっと思い出しました。
数日前なのに、かなり前のような感じもします。

古道っぽい道に入ってきました。
hon31
発心門から降りた人たちは、写真を撮りまくっています。

石積みと案内看板とシダのコラボ。
hon32

三軒茶屋休憩所が見えてきました。
hon33
ここには、スペイン語を話す20人ぐらいの団体さんが
これから歩くぞーと準備中だったので、スルーして通り過ぎました。

こんな門があると俄然やる気がでます。
hon34

案内板に熊野本宮大社の文字が...
ちょっと感慨深いものがあります。
たったの3日目だっていうのに。
hon35

ここにきての、このバラバラな石の連続はこたえます。
hon36
どこに足を置くか常に考えながら、
頭も使うし、ちょっとずつのぼりなので、フーフースーーー小股作戦も使い
一歩一歩踏み出します。
hon37
発心門からの道は少し広めにできていて、
何人かで並走しても歩ける感じです。

ちょっと寄り道と書いてあるんですが、間近に本宮がと思うと先を急いじゃいました。
hon38

かなり下がってきました。
住宅が見えてきます。
hon39

「旅の人、ぽかんとして....」
hon40
こんなこと書かれたら、座っちゃいますよね。
ここで休憩させていただきました。

 

 

「祓殿王子」
本宮大社まであとほんの少しです。

hon41
このあたりは、気持ちがジワジワときます。

 

 

熊野本宮大社の鳥居。
hon42

でも少し目がうるっとしちゃいました。
山道連続で歩いたの初めてだったんで、
達成感がありますね。
38kmぐらい。
本宮大社の建物も気になります。

一番最初に見えたのが
この郵便ポスト八咫烏バージョン。
hon43
この郵便ポストはブログとかで見て、実物みた~いと思っていました。

拝殿からかっこいいです。
職人さんたちのいろんな技が見られます。
hon44
この八咫烏のシンボル、デザインがいいんです。
白地に日の丸でその中にで黒い八咫烏。
色のバランスが良くて、青空に映える~。
hon45
ここから先に御社殿があるのですが、
撮影禁止だったのでここまで。
hon46
「新たなる自分自身の出発を熊野で祈りて」

祈ってきましょう!!
総門をくぐると立派な社殿が並んでいます。
素敵なたてものです。
檜皮葺の屋根がピシッと刈り揃えられてて気持ちいぐらいきれい。
葺き替えているとこ見てみたい。

何時間か眺めてられるなあ。ここ。

 

 

階段下るとバス停などがあるそうです。

大斎原もこっちなんで、降りていきます。
hon48
瑞鳳殿です。
翼を広げた八咫烏をイメージした建物だそうです。
この中にはおしゃれなカフェと茶房珍重庵 本宮店が入ってました。
木の格子の外観が素敵でした。
hon49
ここが正門だったんですね。
hon50
バス停前の建物もかっこよかった。
でも、なかに観光客とかがほとんどいなくてもったいない気が。
きれいなもの作っても、使ってもらわなければ建物もかわいそうかなあ。

 

ちらっと、グレゴリーJ38の二人が写ってます。

ゆのみね温泉に泊まるそうです。
hon51

そしてそして、チョーたのしみだった。
大斎原
いろんなとこでみてた写真がみんなきれいに撮れてて、
自分でも撮りたかった。
そして取れたのがこれと
hon52
これ
hon53
田んぼがみどりだったから、きれいに撮れた。
満足っ。
近くでみると大迫力で、はるか向こうに一番高いとこがあるって感じ。
でも写真では少し伝わりにくいです。

こんなに快晴になるなんて...
本宮大社で晴れたのはラッキー。

今日のお宿は

「蒼空ゲストハウス」さんです。

ここでの話はまたあした。

 

 

 

お読み頂きありがとうございました。

ランキングに参加しています。

ポチッとクリックしていただけたら、きっと泣けてしまいます。

     ↓        

 

-熊野古道