タビノシタク

スペイン巡礼に向かって。旅の準備をこつこつと...。まずは熊野古道からはじめました!とうとうサンティアゴ巡礼スタート!!

スポンサーリンク

旅の持ち物

巡礼用の財布を作ろう!!タイベックでMYOG。

熊野古道に行ったとき、綿の布で作った財布が汗で濡れてしまって困ったというお話をしました。

今回熊野古道に行って、 荷物の中でもっとどうにかならないかなあと思ったものを 書きとめていきたいと思います。 …

水に強い素材で作りたい。
そこで気になっていたのがファスナー。
最近、山グッツのお店に行くことが多くなり、棚をじっくり見ていて気が付いた。
ポーチのファスナーに樹脂でコーティングされたものがあった。
YKKとの表示があり、家に帰って調べてみると。
 アクアガードってファスナーらしい
何件か手芸屋さんに問い合わせても扱っておらず・・・

 

ネットで探したら売ってるところを発見し、やっとアクアガードを手に入れることができた。

早速タイベックシートで作ってみよう!!

準備っ。
wallet1
アクアガードは長めに買っちゃいました。
あと、ファスナーの取っ手みたいなの。
タイベックしーと、そしてポリエチレン用の両面テープ。

 

wallet2
型紙はCADで製作っ。
布で作ったときより5mmずつ大きくしました。
とりあえず、このサイズで挑戦!
wallet3
型紙に合わせてカット。
Rのついた四角は表布と裏布用で左右対称で1セットづつ。
下の三枚の四角はポケット用。場所は好みで。
大きい四角はコイン入れるとこ用。
wallet4
まず、ポケットの部分の上を三つ折りに。
wallet5
両面テープでとめます。
あまり穴をあけたくないので、できるだけ両面テープを使うようにしています。
wallet6
本体にポケットを両面テープでつけます。
wallet7
ポケットを3面につけます。
私は内側の両面と、外側の1面にしました。
wallet8
表布に接着芯を貼ります。
一部を両面テープでとめました。
これをアイロンでやろうとしたら、見事にタイベックが溶けました。注意です。

wallet9
アクアガードの表と表布の表を合わせて、裏の端から3mmぐらいのところを縫います。
wallet10

 

裏布、アクアガード、表布の順に重ねます。
本縫いで端から1cmのところを縫います。
反対側も同じように縫っていきます。
wallet11
表布どおしを重ね、接着芯に沿ってL字に縫います。
wallet12
ひっくり返して、コイン入れのパーツを挟んで、裏布をL字に縫います。
この時注意。全部縫わないように。
ひっくり返せるだけ下の部分を5cmぐらい縫わないでおいて
ひっくり返してから下の部分は縫います。
wallet13
完成しました。

この出来、ヤバッ。
なんだかもっさりしてるし、ファスナーの取り付け方がきたないし。

リベンジ決定。続きはあした。

 

 

 

お読み頂きありがとうございました。

ランキングに参加しています。

ポチッとクリックしていただけたら、きっと泣けてしまいます。

     ↓        

 

-旅の持ち物