タビノシタク

スペイン巡礼に向かって。旅の準備をこつこつと...。まずは熊野古道からはじめました!とうとうサンティアゴ巡礼スタート!!

スポンサーリンク

スペイン巡礼 旅の持ち物

スペイン巡礼、役に立った持ち物。充電編!!

私のスペイン巡礼には欠かせなかったiphone。

 

ガイドブックになったり、

地図になったり、

翻訳機になったり、

仲間たちとの連絡に使ったり、

旦那とLINEや電話したり、

音楽聞いたり、

本読んだり、

映画みたり、

日記つけたり、

いろんなとこの入場券の予約したり、

写真撮ったり、

懐中電灯として使ったり。

 

そんなこんなでバッテリーはどんどんなくなっちゃいます。

 

家にいればいつだって充電できるけど、アルベルゲはそうはいきません。

 

時々こんな感じで

1ベット1つコンセントがある場合もあります。

 

大抵は数ベットに1つです。

早くアルベルゲについた時はコンセントの近くのベットを確保したりもするんですが、

共有スペースにしかコンセントがない場合もあります。

 

自分がコンセントの近くにいられない場合、

充電しながらのiphoneから離れるのは盗難されるリスクがあります。

(時々共有スペースにスマホを置き去りの人もいますが)

 

そこで、スペイン巡礼での充電時に役に立ったもの何点か紹介します。

 

これ便利。スマホの充電器

ポータブル携帯充電器。

小さいから、ウエストのポケットに入れて歩きながら充電できるし、

意外と軽い。

寝ているときに充電したいときも、これだったら安心。

iphoneSEで2回ぐらいフル充電できました。

 

大体2日ぐらい充電できないことが続いてもこの充電器でまかなえました。

 

 

 

スペイン用のプラグ

日本とスペインとはコンセントの形状が違います。

そのままでは差すことができないので、Cのコンセントプラグが必要。

iphoneの場合だと、このセットが必要です。
Cのプラグ
USBのプラグ
iphoneの充電コード

もう一つ注意点が電圧の違いです。
日本は100Vでスペインが220V。電化製品によっては変圧器がいるかも。

 

 

そして私はもう一つ秘密兵器を持っていきました。

 

世界200カ国以上対応の変換プラグ

いろんな国のプラグに対応してるスペシャルな変換プラグで、

電源もとれるし、USBの差し込みも2つあるってすぐれもの。

前のPUSHをスライドさせたり、押したりすると各プラグが出てくる仕組み。

 

こんな感じで電源も差しこむ口もいろんなプラグがさせるようになってます、

USBも差せます。

 

これは1つのコンセントしかない場合もUSBが2つあるので2人で充電したいとき役に立ちました。

ちょっとゴツイけど、Cプラグじゃないとこも行きたい人には超便利です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お読み頂きありがとうございました。

ランキングに参加しています。

ポチッとクリックしていただけたら、きっと泣けてしまいます。

     ↓        

 

-スペイン巡礼, 旅の持ち物