タビノシタク

スペイン巡礼に向かって。旅の準備をこつこつと...。まずは熊野古道からはじめました!とうとうサンティアゴ巡礼スタート!!

スポンサーリンク

スペイン巡礼

初めてスペイン巡礼で朝焼けが見れた!カミーノ7日目

2017年6月12日 ロスアルコスからログローニョ 27.7km

Los Arcos→Logrono

 

朝6:06出発。薄暗い。

街灯がまだ灯っているログローニョの町を抜けていく。

 

昨日空いていなかったアルベルゲを右に曲がり、

 

 

町を抜けた。

 

その時、向こうの方から日本語が聞こえてくる。

あっ。栃木の三人組のおじさんたちだっ。
町はずれのアルベルゲに泊まっていたみたい。

ひっさしぶりの日本語。一緒に歩かせてもらった。

 

おじさんたちは定年後も働いていて、
休みをもらって来ているらしく、日数がギリギリって言ってた。
去年は途中からコンポステーラまで行ったそうだ。
今年はサンジャンピエドポーから行けるとこまでって事みたい。

3人ともあったか~い感じの方々。
居心地いい。ペースもだいたい同じぐらいだし。

 

「後ろ見てみ。」

うん。日本語わかりやすっ。

 

朝焼けじゃん。

超キレイ。
徐々に赤い部分が増えていく。

でも進行方向は逆なので、ちょいちょい振り返りながら進む。

 

今日の景色も広大で日陰がない予感。

 

最初の町が結構前からみえてるんだけど、なかなかつかない。

振り返ると

 

太陽は結構もぼっていて、

雲の隙間から幻想的な光をはなっていた。

おじさんたちも立ち止まり、写真タイム。

ずっとここにいたい気分。

 

 

町の手前に新しめのカフェが。

最近できましたって感じの建物。

アルベルゲも併設しててキレイそう。
このアルベルゲいいかも。

 

おじさんたちと朝ごはん。

私はクロワッサンとカフェコンレーチェで2.7ユーロ。

 

そしていろんな話をしている中で

「水ってどのくらい持ってます?毎日」

って聞いたら、

「毎日2リットルのペットボトルを3人とも背負ってる。」

との事。

「2リットルってかなり重いですよね。」

って聞いたら

「こっちの水飲み場の水、こわいから。」

って言ってた。

 

う~ん。それはきついなあ。

私も最初はペットボトルの水を買ってた。

だけど、イタリア人たちになんで水飲み場の水を飲めないんだ。おいしいのに。

って言われて飲むようになって、

お腹も壊さなかったから、それ以来、水飲み場補充派だ。

 

そのおかげで少しバックパックが軽くなったような気がする。

ここからおじさんたちとは別れ、一人で歩くことに。

 

SANSOLを通りすぎ


かわいらしいオブジェのついてる工場通りすぎ

 

すぐに
TORESS del RIO

 

今日は若干雲が出ているし、まだ8:00だから日差しも強くないから気持ちよく歩けてる。

この辺りの建物って、石積みで色味が統一されてるなあ。

比較的落ち着いた感じの建物は多い。
シンプルでかっこいい。

 

このトレス デル リオってとこに

La Pata de Oca Hostelってアルベルゲがある

ここ↓


このアルベルゲ、プールがあるらしいです。

イタリア人のファビオたちが泊まったらしく。
すごい良かったよってWHATS APPで教えてくれました。

(WHATS APPはヨーロッパ人が使ってるLINEみたいなので、知り合ってからファビオとファブリおじさんとは連絡をとりあっています)

でも、今日は距離が短いので通過。
見た目かわいいアルベルゲだね。

 

 

こんな小屋大好きです。

ちょっと崩れた感じにかわいさ感じちゃいます。

今日はブドウ畑を見ながら歩きます。

こっちのブドウはどうやって摘み取るんだろう?
日本だとしゃがまないで採れるように、高い位置にぶどう棚ってある気がするんだけど。

 

 

あっ。子猫。


前を歩くフランス人の家族にずっとついていってた。

 

途中、石を積み重ねたものがたくさんあるところに

これってなんだ?
なにか書いてある紙が挟んである石積みも。

 

色味がない壁に、こういうタイルがあるとかなり目立つ。
かわいい色味だなあ。


私、これをここに置いた人のセンス好きです。よく見つけたなあ、この枝。


石を積んだり、靴の中に花を活けたり、

こんな矢印の形の枝を見つけたりできる人って

かなり心の余裕がある人だよなあ。

 

私は歩くのに精一杯で先を急ぐ事ばっかり考えてる。

こういうのを見ると、余裕持ってゆっくり行こうかなあなんて
ちょっと思ったりする。

ほんちょっと。

 

 

 

今日も仮設式のカフェ。ずっと何もないとこだとありがたい。


昨日一緒のアルベルゲだった韓国人のアジョッシたちが


この丘を下る時、ショートカットの道を見つけて

お先に~

って感じの顔をしながら、抜かしていった。

 

見落としたっ。あのショートカットの道。くそっ。

なんて思う。

やっぱり、心の余裕なんかないね。

 

 

ただただ今日も歩くのみ。

 


VIANAって街に着いたようだ。


面白い自動販売機発見。

私が子供の頃、近所のお店の前にあったハンバーガーの自動販売機を思い出す。


あのハンバーガー、ふにゃふにゃであまりおいしくなかったよなあ。

この写真のレタスは絶対嘘だっ。こんなにシャキッとなるはずはない。

気になったので買おうと思ったけど、小銭ががなくてあきらめる。

 

自動販売機の横にカフェが。

この頃、ストックの水も随分減っていて無茶苦茶のどが渇いてた。

 

カフェのカウンターにアクエリアス。

初めてスペインでアクエリアスを頼んでみる。

「アクエリアス ポルファボール。」

 

 

「リモン? ア.......?」

もしかして、レモンかオレンジかって聞いてる???

「リモン!」

買えそうだ。

スペインでもアクエリアスっていうの??
わかんないけど通じたっぽい。

 

しかもしかも、おねえさん

コップに氷を入れてレモンを入れて渡してくれた。

 

思わず

「氷入れてくれるんですかぁ」って言ってしまった。

1.7ユーロ。

 

アクエリアスに氷にレモン。この組み合わせ最強。
体にしみわたる。

この一杯で完全に生き返った。

 

ここで、カナダ人のジョゼとマニュエルと会った。

二人はカフェコンレーチェ。

この暑いのにそれっ??

信じられない。
涼しい顔でおいしそうに飲んでる。

まじかっ。恐るべし欧米人。

 

少し歩くと門が


町の入り口みたい。

塀に囲まれた町のようだ。


旧市街って雰囲気の町だった。

 


ドライトマト?


ちょっとした町で、なんでもありそうだ。


広場まで来ると、顔見知りのペレグリーノがいっぱい。

フランスに住むKOREANのおじさんもいたし。


アジョシ達は昼ご飯を食べていた。

 

ビール飲んでんじゃん。

韓国にはスペイン巡礼のガイドブックがたくさん出ているらしい。

ほとんど日本のガイドブックってないからうらやましい。
私は英語のやつを持ってきちゃったからほとんどみてないし。

情報もなく歩いてるから、見逃しも多い。

さっきのショートカットもガイドブックに載ってたのか??

一緒に食べる?って誘われたけど、

今日はログローニョで待ち合わせしてるので先を急ぐ。

 

ここきれいな町だなあ。

ここ泊まってもよかったかも。

 




町をでると一気に風景が変わる

こんな感じ。

 


傘さしてる人がいる。

これ正解っ。かなり日差しが強くなってきてて
日影を少し作れるだけで、かなり違うよね。


心に余裕のある人たちの仕事。


今日はたまらなく暑くてきつい。
木陰をみつけて、休憩。


ログローニョ見えてきた。



お花を飾ってある家が増えてきた。


癒されるねえ。



この辺りを歩いているとき、右側の畑で水まきをしていた。

思わず

私にもかけて~って言いそうになる。


もう少しがんばろう。

 

素敵な木の並木道を通って

 


はじめて、コウノトリの巣を見て


橋を渡ったら、もうすぐだ。

 

かっこいいホタテの絵の旗がかかってる


なんかお祭りやってる。

町全体にテキヤさんみたいなお店が並んでて、人もたくさん。

お祭り大好きな私はテンション上がります。


このテキヤさんの間をぬっていくとアルベルゲ発見。
14:00頃到着。

ファビオと連絡をやり取りして、今日はみんな泊まるアルベルゲにしようと決めていた。
なんだか、ボランティア制のとこらしい。
 

 

 

お祭りについては次回。
アルベルゲについては次々回。

 

 

 

お読み頂きありがとうございました。

ランキングに参加しています。

ポチッとクリックしていただけたら、きっと泣けてしまいます。

     ↓        

 

-スペイン巡礼