タビノシタク

スペイン巡礼に向かって。旅の準備をこつこつと...。まずは熊野古道からはじめました!とうとうサンティアゴ巡礼スタート!!

スポンサーリンク

アルベルゲ スペイン巡礼

あなたはどんなトラブル抱えてますか?サリアのアルベルゲ。

病院を出てから、ここに泊まろうと決めた。

すべての荷物をすぐに洗って乾燥機にぶち込みたかった。

 

グルグル回って決めたアルベルゲ

「Alma do Camino」

ちょうど
12:00オープンでいいタイミング。

 

背の高い男性が受付してくれた。

 

9ユーロ

 

洗濯機があるか質問。

「YES!」

「その洗濯機は高温で洗えますか?」ってさらに質問した。

 

「あなたはどんなトラブルを抱えてますか」

 

男性は優しい口調で聞いてきた。

腕を見せながら説明。

「南京虫にやられたっぽいので、高温ですべてのものを洗ってからベットに持っていきたい」

今まで見たことあったブログでは、南京虫の被害に会った人たちは宿泊拒否されたのを書いてあった。

もしかしたら、このアルベルゲもだめかもしれないって思ってた。

そしたら、

「ここの洗濯機は高温では洗えないので、2軒隣のコインランドリーに行ってみては」

「そして、バックも殺虫剤かけてみては、貸すことができますよ」

また、優しい口調で言った。
よかった。追い出されない。

「ありがとうございます。」

 

靴を脱ぐ部屋で、バックの中身を広げさせてもらい、

布系のものはすべて洗うことにした。
寝袋もシーツも服もポーチもレインジャケットもパンツも。

洗い方とか気にしちゃいられない。
見えない敵を一網打尽にしたい。

女性が殺虫剤を靴の部屋に持ってきれくれ、
バックパックごと洗えないものを袋に入れて、殺虫剤をまんべんなくかけて、
一晩中開けてはいけない。

って助言された。ありがとう。

 

洗うものをまとめて、近くのコインランドリーへ。


洗いも乾燥も一番高温。

終了後、プラスティックの塊がでてきた。
なんかが溶けちゃったみたい。

 

部屋に行くとリザーブって紙が置いてあるベットがあった。

あの男性がやってきて

「あの場所が良かったんでしょ。とられちゃうといけないから、札を置いて置いたよ」って

優しすぎる~。泣きそう。

 

アルベルゲに来る前、スーパーでジップロックを買ってきていたので、
全部ジップロックに入れ替えた。

で、シャワーに入ってから着てた服もコインランドリーで洗った。

今日の洗濯代

17ユーロ。これで退治できたら安いもんだね。

 

 

サリアの町は大きかったけど、今日は回る気になれず、

スーパーで食材買ってきて、パスタを作った。

ここのアルベルゲ。
きれいだし、
キッチン広いし、
ベットは1段だし、
シャワーも使いやすいし、

おすすめです。

そして、人が優しい。

 

朝起きると、刺された箇所が増えてる形跡はなかった。

ほっ。

 

キッチンで朝食。

昨日買ったパンを食べていると、

たくさんの学生さんと先生が朝食の準備。

ここに泊まってたみたい。

 

そうだ、ここはサリア。

ここから歩けば、巡礼証明書がもらえるって起点の場所。

ここからは人が増えるって噂。

 

 

 

 

 

 

 

 

お読み頂きありがとうございました。

ランキングに参加しています。

ポチッとクリックしていただけたら、きっと泣けてしまいます。

     ↓        

 

-アルベルゲ, スペイン巡礼