タビノシタク

スペイン巡礼に向かって。旅の準備をこつこつと...。まずは熊野古道からはじめました!とうとうサンティアゴ巡礼スタート!!

スポンサーリンク

スペイン巡礼 スペイン巡礼のあとで

サンティリャーナ・デル・マルからビルバオ!!私の来たかった町ランキング1位に来ちゃいました。

満足な朝食を食べて、バス停へ。


ビルバオまでは直通がないので

サンタンデールまでのチケットを運転手さんから買う。

サンティリャーナ・デル・マルからサンタンデール
2.65ユーロ

 

 

 

 

サンタンデールからはバスを乗り換えて

ALSAで自販機でも買えそうだったけど、私は運転手さんから買いました。

 

 

 

サンタンデールからビルバオまで
6.65ユーロ

 

天気が良くて、窓からの景色がバッチリ。
不思議な感じの山もあって飽きませんでした。

 

 

で、

ビルバオのバスターミナル到着。

まわりの景色を見たら、高い建物や近代的なビルがたくさん。

大都市だね。ここ。

 

実は私にとっては、ビルバオってやっと来れた~って思いの町なんです。

 

ヨーロッパを周るバックパッカーをやってた時、
1997年だった。

1997年はこのビルバオにグッテンハイム美術館ができた年。

フランクゲイリーって建築家がビルバオにすごいの建ててるっていうんで、
建築雑誌なんかはこの話題で賑わってた。

こんなの見たことないって形の斬新なデザイン。

 

近くにいたから絶対に見に行きたいなあとは思ってたけど、

当時、武装集団「バスク祖国と自由(ETA)」の活動が活発で
テロ的なやつも起こりそうな感じ。

報道でも怖そうな事を言ってたし、

行くのをあきらめた。

 

そんな経緯があって、今回の旅には絶対に外せない町だった。

 

バス停に着いたとき、他の町では感じなかった感情が沸き上がる。

ワクワク感が半端ない。

 

歩きまわるぞ~。

 

今回は街並みをピックアップしてみました。

この地方独特なのかなあ。やっぱり色味が変わってる。

 

 

橋を渡って旧市街に行くと、

時代を感じさせる街並み、いいねえ。

どの道を通っても、きれいなデザインや面白いものが発見できる。

 

 

 

こういうの気になっちゃう。 

旧市街の建物は古いものをずっと使ってるから、
削って塗ってを繰り返してるんだなあ。
このおじさんたちは壁を削ってる最中でした。

ビルバオの町ではいつもどこかで、
ディスクグラインダーで何かを削ってる音が聞こえてました。

工事してるとこが多いです。

工事現場萌えの私は音をこの聞くとニヤニヤしちゃいます。

そしてこの音は夜の20時頃まで響いてました。
暗くなるのが遅いから、遅くまで工事できちゃうらしい。

なんて、どうでもいい話でしたね。

 

 

 

 

この建物は駅です。かっこいい。 

中に入るとこんな感じ。

改札入っていきなりホーム。

川沿いを歩くと美しい風景に出会えます。

 

 

もう一つ気が付いたこと。
ビルバオのベンチはいろんな方向を向いてます。

座ってみると、その場で一番きれいな建物に向いてたり、風景がいい方に向いてたりします。

考えてベンチを配置してるんですね。

ちょっと変な配置のベンチみたら座ってみてください。おもしろいです。

 

道を曲がったらいきなり現れたグッテンハイム美術館。


鳥肌が立ちました。

 

 

 

お読み頂きありがとうございました。

ランキングに参加しています。

ポチッとクリックしていただけたら、きっと泣けてしまいます。

     ↓        

 

-スペイン巡礼, スペイン巡礼のあとで