タビノシタク

スペイン巡礼に向かって。旅の準備をこつこつと...。まずは熊野古道からはじめました!とうとうサンティアゴ巡礼スタート!!

スポンサーリンク

スペイン巡礼 スペイン巡礼のあとで

ガウディさん、これやりすぎでしょ!!コミーリャス(Comillas)のエル・カプリーチョ(El Capricho)。

コミーリャスにある建物

エル・カプリーチョ

El Capricho

 

ガウディの建築物って言えば見に行かなきゃだよね。

何年か前は日本企業が買い取って、レストランをやってたって時期もあるらしい。

今は入場券を払えば見られます。

大人は5ユーロ

ペレグリーノ割引はなし。

 

El Caprichoは

グエルさんの義兄弟にあたるコミージャスの第二伯爵の娘婿であるディアス・デ・キハ一ノって人がガウディに依頼してできた建物だそう。

 

入場券を買うところから見える景色がこれっ。

私の感想は、

なんだかゴチャゴチャしてる。

屋根はホントはスレート屋根だったそうで、
現在はスペイン瓦になってる。

 

近づくにつれて、ゴチャゴチャの正体が見えてきた。

立体的なひまわりタイル。



外壁にひまわりタイルがこれでもかっていうくらい貼られてる。

それが遠くから見ると、緑と黄色でゴチャゴチャって感じに見える。

インパクトあるけどね。

 

 

柱頭の装飾がかわいかった。鳥たちと葉っぱ。

中に入ると外観の色の奇抜さがなく、色は割とすっきり。
だけど、木部の装飾は複雑なものもあり見ごたえあり。


よく見るとステンドグラスが草花だったり、鳥だったり。

上げ下げ窓の詳細が書いてある。

タイルって特注品なんだろうなあ。


上部のRになってるタイルがかわいな。


上を見上げると、各部屋の天井が違ってておもしろかった。







ガウディデザインの家具も展示してありました。



この部屋好きだな。腰壁の装飾とか

暖炉のタイルとか

このタイルとか。

窓枠とか超かわいい。


バルコニーから外に出ることができました。

ここでも

ひまわりタイルだらけ。

近くでみるとちょっと気持ち悪いです。



アイアン装飾もきれいでした。

 



塀にもひまわり。

 


庭先にガウディさん、またいました。


で、一緒に撮ってもらいました。


出口付近にミュージアムショップが。

 

あっ。ガウディ建築の模型だっ。


欲しいなあと思ったけど、1万円越えの強気のお値段。

 

で、あきらめました。

 

 

ちょっと出来の悪い模型はお手頃価格。出来のいいやつ見ちゃうと、やっぱり買えません。


さらにお手頃はしおり類。


しおり使う???って考えて

やっぱり買うのやめました。

 

 

今、写真見ながらちょっと後悔。

 

 

 

 

 

お読み頂きありがとうございました。

ランキングに参加しています。

ポチッとクリックしていただけたら、きっと泣けてしまいます。

     ↓        

 

-スペイン巡礼, スペイン巡礼のあとで