タビノシタク

スペイン巡礼に向かって。旅の準備をこつこつと...。まずは熊野古道からはじめました!とうとうサンティアゴ巡礼スタート!!

スポンサーリンク

スペイン巡礼 スペイン巡礼のあとで

サグラダファミリアの中に入ってみた!想像してたより壮大でビビる。

サグラダファミリアは20年前に来たことがある。

1000円弱だったって記憶。

当時の私は学割ってやつを使ってたので他のとこの入場券って300円から500円ぐらいだったので、それでも高いなあって思ってた。

1000円ぐらいで塔も登ることができた。
そして並べばチケットは買うことができた。

 

で、今はというと。

まず、ホームページに行って予約が必要らしい。

サグラダファミリアチケット予約のページ

こんな感じの画面がでてくるので、

 

 

 

って

TOP VIEWS 29ユーロ???

20年前1000円弱で登れた塔がこの値段。

やたらと高い。

20年前とそんなに物価って変わってない気がするけどなあ。

 

20年前と景色はそんなに変わってないって決めつけて、

塔に登らない
ベーシックチケット 15ユーロ

に決めた。

 

BUYをクリックすると、予約できる時間が出てくる。
早朝はいっぱいで、11:30に予約。

 

 

 

さあ行こう。

徐々に見えてくる。

20年前に見たサクラダファミリアとはやっぱり違うね。

当時は両側の4本の塔はできてたけど、あいだの部分は全然できてなかった。

柱が2mぐらいしか立ち上がってなくて、
工事現場のおじさんものんびりやってる感じで
おじさんと会話することもできちゃったりして。

その時聞いたことが頭の中に残ってる。

「最初は石積みで作ってたんだけど、最近日本の企業が入ってきてRCで作るようになって、ほんとは300年かかるって言われてたけど、あと50年ぐらいでできちゃうよ。」

RCで造っちゃっていいの??
26歳の私でもモヤモヤしたのを覚えてる。

実際に完成予定は2026年って言われてるし。

 

 

 

 

11:30より少し前に行ったら入れてくれない。

ちょっと待って列に並んだ。

お姉さんに購入済みの画面を見せて、セキュリティチェックを受けて入場。

 

あの時2mだった柱はムッチャ高く上まで伸びていた。

 

 

柱が枝のように伸びてはるか上にみえる天井を支えている。

圧倒的な空間の迫力に目を奪われる。

LINEでこの写真を旦那に送ると、すぐに返信が来た。

あっと思い、ビデオ電話をかけた。

 

なにも話さずiphoneのカメラを天井、壁、床に向けると、結構きれいに見えてるようで、えらく感動してた。

ちなみに、旦那はもと建築系。一緒に来られたらよかったのにな。

 

 

ステンドグラスも独特できれいすぎる。

 

天井からもほのかに光が。

どうやって光を取り入れてるんだろう。

 

さすがバルセロナ一の観光地、ぎっしり人がいる。
みんな嬉しそうにスマホで写真を撮っている。

入場時間には制限があったけど、中に入ってしまえば何時間いてもよさそう。

ベンチに腰掛けてじっくり観察。

 

やっぱ、光の取り入れ方が絶妙。

 

 

 

 

 

 

 

ドアにも迫力ある彫刻。

 

この天井の細工もすさまじい。

 

外に出ると、ほのぼのした彫刻もある。

かまきり~とか、かたつむり~とか探してみるとおもしろい。

一般的な教会でみる彫刻とは違ったモチーフの彫刻が多くて、

ニワトリ~。とかってなる。

 

最後にちょっとかわいそうな亀。

 

 

 

お読み頂きありがとうございました。

ランキングに参加しています。

ポチッとクリックしていただけたら、きっと泣けてしまいます。

     ↓        

 

-スペイン巡礼, スペイン巡礼のあとで